お知らせ・イベント

共助資本主義

公益社団法人 経済同友会は、日本経済が活力を取り戻し、持続的成長を実現するモデルとして「共助資本主義」を提唱しました。

共助資本主義では、企業がそのパーパスの実現を通じて人類のWell-beingという「社会益」の創出に挑戦する「アニマル・スピリッツ」を発揮するとともに、ソーシャルセクターと連携し社会課題を解決する「共助」に取組み、包摂ある社会をつくります。「アニマル・スピリッツ」「共助」を両輪に、ヒト・モノ・カネ・データをダイナミックに循環させ、新たな需要とイノベーションを創出します。

kyojo1.png

共助資本主義 第2回マルチセクター・ダイアローグを開催

2024年4月9日、共助資本主義 第2回マルチセクター・ダイアローグを開催し、これまでのイニシアティブ等の取組みをふり返るとともに、新たなイニシアティブの創出を行いました。

共助資本主義企業版ふるさと納税モデル事業発表会を開催

2024年3月29日、共助資本主義企業版ふるさと納税モデル事業発表会を開催しました。

経済同友会共助資本主義の実現委員会「能登半島地震支援イニシアティブ」開始

2024年1月15日、経済同友会は、ソーシャルセクターとの協業により社会課題の解決を目指す「共助資本主義」の具体的展開として、この度、特定非営利活動法人新公益連盟、一般社団法人インパクトスタートアップ協会と連携し、被災地と支援する企業やソーシャルセクターを結ぶ点としての機能を果たす「能登半島地震支援イニシアティブ」を発足しました。

「インパクトコンソーシアム」の設立

2023年11月28日、環境・社会課題解決を持続的な成長に結びつける好循環の実現を目指して、幅広い主体が協働・対話を行う官民連携の「インパクトコンソーシアム」が設立されました。

#こどもの体験格差をなくそう
フローレンスの「こどもの体験格差解消プラットフォーム」新規事業構想に協力・協業
11月1日よりふるさと納税での資金調達もスタート

2023年10月31日、公益社団法人経済同友会(東京都千代田区、代表幹事:新浪 剛史)は、認定NPO法人フローレンス(東京都千代田区、代表理事:赤坂緑)が発表した「こどもの体験格差解消プラットフォーム」新規事業構想に賛同し、プロジェクトの推進などで協業していくこととなりました。

共助資本主義マルチセクター・ダイアローグを開催

2023年9月 8日、2023年4月7日に発表した提言『共助資本主義~「企業のパーパス」と「共感」を起点とした「アニマル・スピリッツ」の覚醒~』では、民間企業が社会課題の解決に向けて「共助」の取組みに参画し、新たな需要やイノベーションの創出とwell-beingを実現する経済社会を提唱しました。

共助資本主義の実現に向けた連携協定に調印
~ インパクトスタートアップ協会、新公益連盟及び経済同友会が協働を開始 ~

2023年7月 6日、公益社団法人 経済同友会は、「インパクトスタートアップ協会、新公益連盟及び経済同友会の協働に関する連携協定」を締結しました。

『共助資本主義』
~「企業のパーパス」と「共感」を起点とした「アニマル・スピリッツ」の覚醒 ~

2023年4月7日新しい経済社会委員会より提言「『共助資本主義』~「企業のパーパス」と「共感」を起点とした「アニマル・スピリッツ」の覚醒~」を発表いたしました。

PAGETOPへ