ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

観光DXの核となる観光地域づくり法人(DMO)の進化
―持続可能な観光(サステナブル・ツーリズム)の実現に向けて―

動画を拡大する

観光再生戦略委員会
委員長 伊達 美和子
(森トラスト 取締役社長)

提言

はじめに

1.ニューノーマル時代に目指す持続可能な観光(サステナブル・ツーリズム)の実現
(1)コロナ渦からの観光再生 ― 観光産業の構造変革を
(2)世界が目指す持続可能な観光(サステナブル・ツーリズム)の潮流
(3)目指すべき観光地域の姿 ―― キーワードは「魅力」「適疎」「共存」

2.持続可能な観光(サステナブル・ツーリズム)実現を支える観光DX
(1)観光DXの意義
(2)観光DX推進に向けたステップ
(3)観光DXが進まない地域の課題

3.観光DXの司令塔として期待されるDMO
(1)司令塔となるべきDMOの自覚不足
(2)一部のDMOで進みつつある観光DX
(3)先進的DMOの具体的な取り組み事例

4.持続可能な仕組みづくり ―― DMOによる観光DXを後押しする「レベルチェックシート」
(1)DMOが先進的な取り組みを進めるために ―「レベルチェックシート」作成の意義と活用可能性
(2)経済同友会版「レベルチェックシート」

5.「観光立国推進基本計画」の改定に向けて

おわりに

観光再生戦略委員会 委員名簿


ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

スマートフォン版サイトに戻る

サイトのご利用案内ここまでです。