ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

国家ガバナンス再構築に向けた提言
~中長期的課題・構造的課題に対応するために~

動画を拡大する

国家ガバナンスPT
委員長 秋池 玲子
(ボストン コンサルティング グループ 日本共同代表)

本文

  1. いまなぜ統治機構改革が必要か
  2. これからの統治機構に求められる設計思想とは何か
    1. これまでの統治機構改革がもたらしたもの
    2. 環境の変化によってもたらされる課題
    3. これからの統治機構を形作る設計思想
  3. 日本の国家ガバナンスのどこに課題があるのか
    1. 企業経営の視点からみたガバナンスのあり方
    2. 企業ガバナンスの視点を踏まえた現在の国家ガバナンスに関わる課題
  4. 望ましい国家ガバナンスを実現するために
    1. 国家の存在意義・役割を再認識する
    2. 国としてのビジョン、ミッションを描く
      1. 多様な意見を取り込み、国のビジョンとミッションを描く場を作る
      2. 国家ビジョン、ミッションに対する政党のコミットメントを高める
      3. ミッション達成に向け、長期的・持続的な合意形成のための仕組みを活用する
    3. 戦略実行可能なリーダーシップの基盤を作る
    4. ミッション達成に向けた組織・実行体制を作る
      1. 国家公務員の仕事の再定義と改革
      2. 官民間の人材の流動化
      3. 評価・検証の徹底による無謬性の壁の克服
      4. 緊急時に対する柔軟な執行体制
    5. 監視・監督・検証による内閣への牽制機能を強化する
    6. 国民の参画を促進し国家への信頼を高める
      1. 政策に関わる質の高い情報発信
      2. 公共を担う活動への理解促進
      3. 主権者としての意識を育てる教育

おわりに

2021年度国家ガバナンスPT 委員名簿

以上


ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

スマートフォン版サイトに戻る

サイトのご利用案内ここまでです。