ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

ニューノーマル時代の
持続可能な観光基盤づくりに向けて
~観光DXとワーケーションの普及を第一歩に~

観光再生戦略委員会
委員長 伊達 美和子
(森トラスト 取締役社長)

提言

  1. はじめに
  2. 観光産業の現在地点
    1. 新型コロナウイルス感染症による需要の激減
    2. 観光産業のポテンシャルとコロナショック以前からの課題
    3. 観光産業を取り巻く環境の変化
    4. ニューノーマル時代の観光産業が目指すべき姿
  3. 持続可能な観光産業の基盤づくりに向けた第一歩
    1. 観光DXの推進
      1. デジタルシフトの必要性と観光DXの目指す姿
      2. 提言
        提言1:エリア全体の面による観光DX 推進を
        提言2:DMOは観光DX推進の担い手としての自覚を
        提言3:国はDMOが動きやすい環境づくりを
    2. 平日需要を創出するワーケーションの活用
      1. ワーケーションの意義と効果
      2. 実証実験から見えてきた課題
      3. 提言
        提言4:企業は、働き方改革促進に向けて、経営者自身のワーケーションに対する意識改革を
        提言5:地方自治体・DMOは、平日需要の創出に向けて、差別化を図る戦略策定を
        提言6:国は、企業と地域のワーケーション促進につながるインセンティブ制度を
  4. おわりに

観光再生戦略委員会 委員名簿

以上


ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

スマートフォン版サイトに戻る

サイトのご利用案内ここまでです。