ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

公立小中学校における「脱・画一化」教育のための「創造的環境」の実現
~ICTを活用した業務構造改革を後押しする人材・ガバナンスによる教育長・校長支援~

2020年度教育改革委員会
委員長 峰岸 真澄
(リクルートホールディングス取締役会長 兼 取締役会議長)

概要

本文

  1. はじめに
  2. 現状認識:教育現場における「創造的環境」の不足
    1. コロナ禍によって顕在化した学校教育におけるICT活用の遅れ
    2. カリキュラムの過密化による教員の多忙化
    3. 校務の増大による教員の多忙化
  3. 課題:ICTを活用した業務構造改革を可能にする環境の整備
    1. 人材に関する課題
    2. ガバナンスに関する課題
  4. 具体的提言:人材・ガバナンス改革
    1. 人材:教育COO制度の創設と適材の任命
      1. 教育COOの役割
      2. 教育COOの職権権限
      3. 教育COOの人材要件と採用成功の鍵
      4. 教育COOの配置における各ステークホルダーの役割
      5. 制度の持続・発展可能性を担保するためのポイント
    2. ガバナンス:教育課程の編成等に係る国と地方の権限に関する運用見直し・通達発出
  5. 我々の行動方針:改革マインドを持った教育長・校長との協働推進
  6. おわりに

ヒアリング先一覧

2020年度 教育改革委員会 委員名簿

以上


ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

スマートフォン版サイトに戻る

サイトのご利用案内ここまでです。