ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

データ利活用基盤の構築を急げ
―QOLを向上させるデータヘルスに関する中間提言―

医療・介護システム改革委員会
委員長 若林 辰雄
(三菱UFJ信託銀行 取締役会長)

本文

  1. はじめに
  2. わが国の課題と目指すべき医療・介護システムの姿
    1. 医療・介護給付費の増加
    2. 医療・介護サービス従事者の不足
    3. 目指すべき医療・介護システムの姿
  3. 提言と効果
    1. 提言1 「データヘルス推進基本法」(仮称)の制定
    2. 提言2 健康・医療・介護データの位置づけの再整理と国民理解の醸成
    3. 提言3 医療・介護データの利活用に向けた制度設計・取組みの推進
      1. 健康・医療・介護を通じた標準規格の整備
      2. 医療・介護データの国による一元管理
    4. 提言4 介護データの電子化、収集
    5. 提言5 小規模病院等に対するIT化支援
    6. 効果 健康・医療・介護データの利活用が国民生活にもたらすメリット
      1. 利便性の向上、重複受診・投薬の抑制
      2. 健康寿命の延伸
      3. 高齢者の社会参画の促進
      4. イノベーションの成果の享受
  4. おわりに

医療・介護システム改革委員会名簿


ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

スマートフォン版サイトに戻る

サイトのご利用案内ここまでです。