ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

ゼロ・エミッション社会を目指し、世界をリードするために
―再生可能エネルギーの普及・拡大に向けた方策―

2015年度環境・資源エネルギー委員会
朝田 照男
(丸紅 取締役会長)

目次

  1. はじめに ― わが国のエネルギー需給構造の危機
  2. ゼロ・エミッション社会を目指して
    (1)ゼロ・エミッション社会実現の必要性
    (2)目指すべきゼロ・エミッション電源比率
    (3)省エネルギー対策と経済成長の両立 ―「ゼロ・エミッション電源」の重要性
    (4)ゼロ・エミッション電源における原子力発電のあり方
    (5)再生可能エネルギー普及促進の必要性
  3. 提言 ― 再生可能エネルギーの普及・拡大に向けた方策
    提言1:民間企業と地元の力を最大限引き出し、安定的な再生可能エネルギーの普及・拡大を
    提言2:再生可能エネルギー普及を支える系統整備、電力の地産地消と分散化の推進を
    提言3:蓄電技術の積極的活用による再生可能エネルギーの普及を
    提言4:予備力ある供給体制整備の推進を
  4. おわりに

別紙:再生可能エネルギーの普及・拡大に向けた各課題に対する具体的対策

2015年度 環境・資源エネルギー委員会 委員名簿
2015年度 再生可能エネルギー検討分科会 委員名簿


ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

スマートフォン版サイトに戻る

サイトのご利用案内ここまでです。