ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

資本効率最適化による豊かな社会への第1次提言
「収益力を強化する事業組換えの実践」

動画を拡大する

2015年度資本効率の最適化委員会
委員長 志賀 俊之
(日産自動車 取締役副会長)

はしがき――本提言(第1次提言)の位置づけについて

はじめに
――資本効率の向上と最適化を通じて、豊かさが連鎖していく社会を実現する

  1. 資本効率に関する日本企業の課題
    1.日本企業のROEが低い根本要因は低収益事業の抱え込み
    2.事業の新陳代謝を阻害する経営者の「心の内なる岩盤」
    3.経営者の「心の内なる岩盤」を許容する日本の企業観
    4.事業の新陳代謝こそ生産性向上と賃上げの鍵

  2. 収益力の高い企業への変革を――新陳代謝を阻害する岩盤の打破

    1.社会の公器である「企業」の真の責任
    2.グローバル水準の収益性の実現
    3.事業の新陳代謝を促進する仕組みづくり

    (1)事業毎の資本効率の分析
    (2)事業ポートフォリオの柔軟な組換え

    ①機能や技術の強みに着眼し、新陳代謝が真に必要な部分に焦点をあてる
    ②事業の組換えは客観的基準と長期的視点で判断する
    ③研究開発等への投資促進――赤字事業継続には経営者としての意志を持つ

    (3)合理的な意思決定を後押しする取り組み

    ①社外取締役の機能活用
    ②投資家との対話の促進

  3. 今後の検討課題――資本効率の最適化による企業価値向上を中心に
    1.新事業創出の加速化と事業再編を阻害する制度的要因の打破
    2.社会的価値の創出に向けた非財務指標の活用

おわりに

2015年度 資本効率の最適化委員会名簿


ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

スマートフォン版サイトに戻る

サイトのご利用案内ここまでです。