ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

「学働遊合(がくどうゆうごう)」のすすめ
いつでも学び・働き、その楽しさを実感できる社会を目指して、企業は意識を変え、行動する

教育委員会
委員長 渡辺 滉
(三和銀行 取締役会長)

はじめに

  1. 人が育てば良い社会になる
  2. 企業自ら意識改革し、行動する

第1章 「人生18歳確定説・年齢輪切り主義」—われわれの問題のとらえかた—

  1. ブランド大学・ブランド企業への「入った者勝ち」という「入り口文化」
  2. 「入り口文化」の根底にあるもの「人生18歳確定説・年齢輪切り主義」
  3. 「人生18歳確定説・年齢輪切り主義」社会における問題点

第2章 「学働遊合」—意識改革のための理念—

  1. 新たな理念の提唱
  2. 「学働遊合」とは
  3. 意識改革をどのように実現するのか

第3章 企業は何を実行するのか

  1. 経済同友会が実行すること~時代の変化の予兆を社会に伝える
  2. 企業が実行すること~社内を変革し、社会に波及効果を及ぼす
  3. 企業と学校・地域・家庭が協力しながら実行すること

おわりに
付言:提唱「学校から『合校』へ」について
《資料》
教育に関するアンケート調査の結果
経済同友会教育委員会活動経緯


ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

スマートフォン版サイトに戻る

サイトのご利用案内ここまでです。