ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

カーボンニュートラル実現のための企業行動の変革と環境整備
~イノベーション&トランジションを実現するGX推進のために~

動画を拡大する

2022年度 環境・エネルギー委員会
委員長 栗原 美津枝
(価値総合研究所 取締役会長)

本文 提言概要

はじめに
Ⅰ:カーボンニュートラルへ向けた企業の取り組み――現状と課題
 1.各社の取り組みの現状
 2.今後に向けた課題

Ⅱ:【提言】カーボンニュートラル実現のための企業行動の変革と環境整備
 1.目指すべき2050年の将来像の共有
 (1)2050年の将来像の提示と合意形成
 (2)“2050カーボンニュートラル実現担当大臣”の設置
 (3)経済同友会としての将来像

 2.GX推進に不可欠な視点・覚悟
 (1)GXは社会の大変革を実装すること、企業も抜本的変革の実行を
 (2)変革による成長と痛みを広く国民が共有し、選択と行動変容を
 (3)グローバルな視点をもって競争と協調を

 3.企業経営を変革させる具体的な取り組み
 (1)ビジョン・ロードマップ等の策定
 (2)実現に向けた全社的な体制・仕組みづくり
 (3)GX人材の育成・登用
 (4)多様な主体との協業による研究開発・社会実装の加速
 (5)ステークホルダーへの脱炭素モメンタム波及

 4.環境整備のための具体的な取り組み
 (1)イノベーションとトランジションへの大胆な支援
 (2)CO2を管理するためのインフラ整備
 (3)ネガティブエミッションの実装加速
 (4)クリーン電力の供給増加に向けた基盤整備

 5.各施策を支える投資とファイナンス
 (1)無形固定資産への投資の重要性
 (2)民間投資の呼び水となるための国の支援
 (3)企業開示の充実と金融との対話
 (4)資本市場や金融機関による企業への支援
おわりに

参考資料
環境・エネルギー委員会 名簿

以上


ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

スマートフォン版サイトに戻る

サイトのご利用案内ここまでです。