ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

経済成長に資する
カーボンプライシングの導入に向けて

動画を拡大する

環境・エネルギー委員会
委員長 栗原 美津枝
(価値総合研究所 取締役会長)

本文

  1. カーボンプライシングの意義
  2. 時間軸を示して、具体的制度設計と制度導入を
  3. 産業政策と一体となった議論を
  4. カーボンプライシングの各手法ついて
    1. 基盤となるサプライチェーン全体での排出量の把握と見える化
    2. 炭素税について
      (a)中長期的に目指すべき「下流課税」とカーボンフットプリントの普及を
      (b)「上流課税」とする場合の留意事項
    3. 排出量取引制度について
    4. クレジット取引制度について
    5. カーボンニュートラル達成のためのポリシーミックスを

環境・エネルギー委員会 名簿

以上


ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

スマートフォン版サイトに戻る

サイトのご利用案内ここまでです。