ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

アート産業活性化に向けたエコシステムの構築

スポーツとアートの産業化委員会
委員長 秋田 正紀
(松屋 取締役社長執行役員)
山口 栄一
(アートパワーズジャパン 代表理事)

要点

本文

はじめに

  1. わが国のアートを取り巻く現状
    1-1.アート市場規模
    1-2.アーティストの現状
  2. アート産業が活性化しない要因
    2-1.アート市場のグローバル化が不十分
    2-2.公的評価制度・税制が未整備
    2-3.アート市場の裾野拡大が不十分
    2-4.アートの管理体制が未構築
    2-5.その他
  3. 目指すべきアート産業のビジョン
    「アート産業活性化のエコシステム」の三つの柱と産業界の役割
  4. 提言
    <提言1>保税地域を有効活用しアート市場のグローバル化を
    <提言2>オープンイノベーションによってアート産業への投資促進を
    <提言3>アーティスト育成のための環境整備を
    <提言4>アート作品に対する公的評価制度の構築を
    <提言5>アート投資促進のための抜本的な税制改正を
    <提言6>アート作品のストックの流動化を
    <提言7>アート市場に関する公的統計の構築を
    <提言8>アート×教育による教養の醸成を

おわりに

参考資料

  • スポーツとアートの産業化委員会 活動実績
  • スポーツとアートの産業化委員会 名簿

以上


ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

スマートフォン版サイトに戻る

サイトのご利用案内ここまでです。