ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

サービス産業の復活・再生に向けた支援のあり方
-第3次補正予算案の編成に際して-

2019年度 サービス産業の生産性革新PT
委員長 玉塚 元一
(デジタルハーツホールディングス 取締役社長 CEO)

本文

はじめに

  1. コロナ前の問題意識と感染症拡大がサービス産業に与えた影響
    1. コロナ前の問題意識
      1. プライシングの適正化
      2. 企業・事業の再編・統合
      3. 労働市場の流動化とリカレント教育の充実
    2. 感染症拡大がサービス産業に与えた影響
  2. ウィズ/アフターコロナにおけるサービス産業の復活・再生
    1. 3次補正のあり方:延命措置から積極的な再生・構造転換支援へ
    2. 投資余力を確保するための再編・統合
    3. 「新しい普通」に即した新たなサービスの創造
  3. 寄稿:コロナ禍の影響と今後の課題、アフターコロナにおけるサービス産業の展望

おわりに

補論:サービス産業の生産性革新に向けたコロナ禍以前の検討概要

2019年度サービス産業の生産性革新PT 名簿

以上


ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

スマートフォン版サイトに戻る

サイトのご利用案内ここまでです。