ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

デジタル変革とデータの公共財化による価値創造に向けて
~コロナ危機を契機としたギアチェンジを~

動画を拡大する

2019年度 デジタル・エコノミー委員会
委員長 程 近智
(アクセンチュア 相談役)
寺田 航平
(寺田倉庫 取締役社長CEO)

本文

サマリー

はじめに

  1. わが国のデジタル変革(DX)の加速に向けて
    1. 企業のDX
      1. 現状と課題
      2. 提言
        提言1:デジタル・マインドセットを経営者選任の必須条件に
    2. 政府のDX ― コロナ危機を契機に集中改革を
      1. 現状と課題
      2. 提言
        提言2:デジタル・ガバメント実現に向けた3年間の集中改革を
  2. データの公共財化による価値創造
    1. 現状と課題
    2. 提言
      提言3:企業保有データのオープン化による価値創造を
      提言4:個人を起点としたデータ流通の促進を
      提言5:「データ連携基盤」を徹底活用した価値創造を
      提言6:データ連携に関する官民検討の場の強化を
      提言7:データ連携による価値創造の舞台として、スーパーシティの積極的な活用を

おわりに:デジタル社会の実現に向けたギアチェンジ

(参考)意見「コロナ危機を契機としたデジタル変革の加速に向けて」(2020年6月26日発表)

2019年度 デジタル・エコノミー委員会 委員名簿

以上


ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

スマートフォン版サイトに戻る

サイトのご利用案内ここまでです。