ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

多様な人材の活躍に向けた現状認識と課題
~兼業・副業の促進と特定技能制度の定着などを中心に~

2019年度 労働市場改革委員会
委員長 木川 眞
(ヤマトホールディングス 特別顧問)

本文

はじめに

  1. 兼業・副業の促進
    1. 現状認識と課題
      1. (1)兼業・副業の広がり
      2. (2)兼業・副業の意義
      3. (3)兼業・副業の課題
    2. 望ましい兼業・副業のあり方とは
    3. 兼業・副業解禁企業の先進事例
      1. (1)新生銀行
      2. (2)コニカミノルタ
  2. 特定技能制度のあり方
    1. 現状認識と課題
      1. (1)特定技能制度の概要
      2. (2)特定技能外国人の受入れ状況
      3. (3)特定技能制度への関心度
      4. (4)特定技能制度の課題
    2. 今後の推進に向けて

おわりに

付属資料:
ダイバーシティと働き方に関するアンケート調査結果
兼業・副業の促進に向けた意見
~個人の主体的な働き方の選択を可能とする制度設計を~
2019年度 労働市場改革委員会 活動実績
2019年度 労働市場改革委員会 委員名簿

以上


ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

スマートフォン版サイトに戻る

サイトのご利用案内ここまでです。