ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

兼業・副業の促進に向けた意見
~個人の主体的な働き方の選択を可能とする制度設計を~

労働市場改革委員会
委員長 木川 眞
(ヤマトホールディングス 特別顧問)

本文

  1. 兼業・副業促進の意義
  2. 懸念される過度な規制
    - 個人の主体的選択を阻害しないルールの導入を
  3. 「時間管理」に対する考え方
    - 通算が実務上困難であることを前提にしたルールを
  4. 個人の主体的な選択による多様で柔軟な働き方の推進に向けて
  5. 「副業・兼業の場合の労働時間の在り方に関する検討会報告書」
    (2019年8月8日)における選択肢に対する本会の意見

労働市場改革委員会名簿

以上


ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

スマートフォン版サイトに戻る

サイトのご利用案内ここまでです。