ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

将来世代のために独立財政機関の設置を
-複眼的に将来を展望する社会の構築に向けて-

財政健全化委員会
委員長 佐藤 義雄
(住友生命保険 取締役会長代表執行役)

本文

はじめに

  1. 世代間の受益と負担の平準化に向けた課題
    1. 財政赤字の継続と将来世代の選択の制約
    2. わが国の財政運営の課題
  2. 民主主義のインフラとして独立財政機関を設置する目的
    1. 経済・財政・社会保障にかかる中立的な見通しの提示
    2. 将来世代の利益の代弁
    3. 政策の費用対効果の提示
  3. 提言 ─ 独立財政機関の具体的制度設計
    1. 設置形態
    2. 設置根拠
    3. 機能と権限
    4. 予算
    5. 人事
    6. 独立性・非党派性を確保する仕組み
    7. 透明性確保・外部評価の仕組み

おわりに

参考資料

財政健全化委員会 委員名簿


ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

スマートフォン版サイトに戻る

サイトのご利用案内ここまでです。