ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

デジタル化時代に向けた地域経営改革

動画を拡大する

2018年度 地方分権委員会
委員長 市川 晃
(住友林業 取締役社長)

本文

  1. はじめに
  2. 地方自治体を取り巻く環境の変化とデジタル化
    1. 地方自治体を取り巻く環境変化と地域
    2. なぜ地方行政のデジタル化が求められるのか
    3. 地方行政のデジタル化の現状と課題
    4. 地方行政のデジタル化と地方分権
  3. 提言
    1. デジタル・ガバメント実現のための方向性・考え方
      1. 「デジタル手続法」によるデジタル化3原則の推進
      2. 国主導による地方行政のデジタル化の推進
      3. デジタル化を活かす業務プロセスの改革
    2. デジタル化における課題解決に向けて国が実行すべきこと
      1. ICTと自治体業務に精通した人材の育成、確保
      2. デジタルインフラ整備を推進する財政措置
      3. 地方自治体への行政手続オンライン化の段階的実施
      4. 地方自治体の情報システムの標準化・共通化と先進事例の横展開
    3. 地域経営の品質向上のために自治体が実行すべきこと
      1. 徹底した情報公開とオープンデータ化の推進
      2. ICTを活用した内部統制の体制整備
      3. 目的や機能に応じた大規模または遠隔地との広域連携
      4. 技術活用による地方議会の活性化
      5. 住民との双方向のコミュニケーション
      6. システム整備計画の策定と投資対効果の十分な検証体制の構築
  4. おわりに

地方分権委員会活動実績
2018年度地方分権委員会 委員名簿


ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

スマートフォン版サイトに戻る

サイトのご利用案内ここまでです。