ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

データ利活用の推進を急げ
―今ある健康・医療・介護データを活用・連結しビッグデータへ―

動画を拡大する

2018年度 医療・介護システム改革委員会
委員長 若林 辰雄
(三菱UFJ信託銀行 取締役会長)

本文

はじめに

  1. わが国の医療・介護システムの目指すべき姿と現状
    1. 目指すべき医療・介護システムの姿
    2. 医療・介護の現状と展望
  2. 課題と提言
    1. データを利活用したイノベーションを推進する上での課題と提言
      1. データの取得―国民からのデータ提供の促進―
      2. データの蓄積―散在する健康・医療・介護情報のデジタル化・標準規格整備―
      3. データの活用
        ① AI活用のための環境整備
        ② 介護分野におけるアウトカム重視の報酬体系の導入
    2. 健康経営をより効果的なものとするための課題と提言
      1. データを利活用した健康経営ならびにコラボヘルスの推進
      2. 健康経営のさらなる推進を実現する制度改革

おわりに

(参考資料)健康経営の取り組みに関する事例集

医療・介護システム改革委員会 名簿


ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

スマートフォン版サイトに戻る

サイトのご利用案内ここまでです。