ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

主権者教育の充実で、あるべき民主主義の実現を
- 健全な社会を次世代に手渡すために -

政治改革委員会
委員長 中村 公一
(山九 取締役会長)

本文

はじめに

  1. あるべき民主主義社会の礎となる主権者教育に向けて
    1. 現状と課題
    2. 提言
      1. 学校教育
        • 初等教育課程から主権者教育(シティズンシップ教育)の導入を
        • 主権者教育を実践できる教員の確保を
        • 「政治との距離感」を縮めるために、質の高い教材・副教材の提供を
      2. 学校外教育(地域社会、企業、家庭)
        • 政策を第三者的に評価し、解説していくための機関の拡充を
        • 社会全体が一体となった教育体制を
  2. デジタル技術を活用した政治参画の推進に向けて
    1. 現状と課題
    2. 提言
      1. インターネット選挙運動の推進とプラットフォームの整備を
      2. インターネット投票の実現およびその先に向けて、着実な備えを
      3. デジタルメディア・ソーシャルメディアの有効活用
        • 信頼性の高い情報の積極的な公開を
        • 双方向でのやり取りでこそ生まれる価値

おわりに

活動実績

2018年度 政治改革委員会 名簿


ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

スマートフォン版サイトに戻る

サイトのご利用案内ここまでです。