ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

真のデジタル革命を勝ち抜く
—二つの潮流に対応するために企業のデジタル変革は待ったなし—

先進技術による新事業創造委員会
委員長 程 近智(アクセンチュア 相談役)
委員長 小柴 満信(JSR 取締役社長)

本文

概要
はじめに

  1. 問題意識 –二つの潮流–
    1-1 収穫加速の法則
    1-2 製品・サービスのパーソナライゼーションとリージョナライゼーション
  2. 真のデジタル革命のコアとなる先進技術
    2-1 非ノイマン型コンピュータ
    2-2 第5世代移動通信システム(5G)
    2-3 高性能蓄電デバイス
    2-4 人工知能(AI)
    2-5 企業が注視すべきデータを巡る国際動向
  3. 二つの潮流の先にある社会・産業の変革
    3-1 医療・ヘルスケア
    3-2 バイオテクノロジー
    3-3 3Dプリンティング
    3-4 モノづくり
    3-5 プラント・インフラ保安
    3-6 モビリティ
    3-7 感性の可視化
  4. 先進技術による新事業創造のために企業が取り組むべき改革
    4-1 企業のデジタル変革を経営者自身が主導する
    4-2 勝負する領域を見極める
    4-3 自社における人材育成と企業風土改革に挑む
    4-4 指数関数的な拡張性を備えた事業モデルを設計する(Computational Design)
    4-5 デジタルマーケティングを活用する (Computational Designの応用)
    4-6 「オールジャパン」から脱却しグローバルに連携する
    4-7 既存の枠を越えたエコシステムを発展させる

おわりに

補論 Computational Designについて
先進技術による新事業創造委員会 活動状況一覧
先進技術による新事業創造委員会 名簿


ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

スマートフォン版サイトに戻る

サイトのご利用案内ここまでです。