ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

住宅宿泊事業法(民泊新法)に関する意見
―民泊のステークホルダーの全体最適に向けて規制をデザインする―

新産業革命と規制・法制改革委員会
委員長 間下 直晃
(ブイキューブ 取締役社長CEO)

本文

  1. 住宅宿泊事業法の課題
    ― 過剰な規制は健全な民泊の発展を阻害
  2. 民泊に係るステークホルダーの全体最適を実現する規制のデザインを
  3. 民泊新法の見直しに向けた意見
    1. 住民にとって安心・安全な民泊を行う事業者の責任を前提に規制改革を
    2. 家主居住型及びそれに準じる住宅における民泊の規制は抜本的に見直す
      1. 業法ではなく、住宅提供者(ホスト)のスキルによるサービス保証を
      2. 民泊サービスの年間提供日数(180日)の規制緩和
      3. 消防法の適用の緩和
      4. 地方自治体の条例による規制の上乗せの抑制
    3. 早期に行うべき制度運用の改革
      1. 届出手続きの簡素化、共通化、原則オンライン化
      2. 届出番号の真正性を確認するシステムの構築

ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

スマートフォン版サイトに戻る

サイトのご利用案内ここまでです。