ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

サービス産業生産性革命 ~ピンチ(人手不足)をチャンス(変革)に!~

動画を拡大する

2016年度サービス産業活性化委員会
委員長 玉塚 元一
(ローソン 顧問/ハーツユナイテッドグループ 代表執行役)

  1. 危険水域に達した「人手不足」
  2. 国民・企業がスクラムを組んで、生産性の向上を
    1. 我が国の生産性は想像以上に低い
    2. 特にサービス産業の生産性は低い
    3. 国民の能力は高い
  3. 仕事の生産性を高めようとする「意識」を持つことが重要
    1. 不満があるなら生産性を高めるしかない
    2. 「生産性向上」⇒「賃金増加」は国全体に波及する
  4. 提言
    1. テクノロジーの積極的活用
      ①プラットフォーマーの活用・育成
      ②「X-Tech(クロステック)」の導入・活用
      ③RPA(Robotic Process Automation)の活用
      ④テクノロジー・リテラシーの向上を
    2. 過剰サービス・不適切なプライシングからの脱却
    3. 労働慣行・雇用慣行の革新を
      ①「生産性を上げれば賃金は上がる」を共通認識に
      ②ダイバーシティからインクルージョンへ
      ③女性の労働参画を促進する環境作りを
      ④シニアの労働参画、ノウハウ共有を促進する環境作りを
      ⑤人材流動性を高める
    4. サービス産業活性化に向けた環境整備
      ①非競争領域の標準化のため、官民連携の取り組みの積極化を
      ②時代の変化に柔軟な法整備を
      ③再教育・スキルアップ教育プログラムの整備・充実化を
      ④サービス教育、テクノロジー教育の充実化を
      ⑤特区で積みあがった事例の積極的開放を
  5. おわりに ~経営者としてなすべきこと~

2016年度 サービス産業活性化委員会 委員名簿


ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

スマートフォン版サイトに戻る

サイトのご利用案内ここまでです。