ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

ミレニアル世代がもたらす変化を先取りし、
企業の成長戦略の核に

2015年度米州委員会
委員長 小林 いずみ
(ANAホールディングス/サントリーホールディングス/三井物産 社外取締役)

  1. はじめに
  2. 問題提起:ミレニアル世代(M世代)の新しい価値観と日米の対応
    1. 米国のM世代と社会の対応
      (1)旧世代と大きく異なる米国M世代の特色・価値観
      (2)M世代への対応を進める米国
    2. 日本のM世代と社会の対応
      (1)米国と似ている日本の若者世代の特色・価値観
      (2)日本におけるM世代に対する認識不足とM世代の課題
  3. 来たるべき変化の方向性とわれわれとしての向き合い方
    1. 来たるべき変化の方向性
      (1)デジタル化とM世代価値観を背景とする産業の変化
      (2)消費者が主導権を握る企業との関係
      (3)M世代人材の価値観が変える企業との関係
      (4)社会性重視の定着
    2. われわれはいかに変化に向き合うか
      (1)不可逆的な変化は不可避
      (2)変化を先取りし、経営者自ら変革を牽引
  4. 2021年を迎える企業経営者と政府への提言
    1. 企業経営者の取り組み
      (1)M世代消費者の価値観変化を先取りした事業の刷新
      (2)M世代社員のやりがいを引き出す組織文化・制度の刷新
      (3)時代の変化を加速するM世代との対話、育成と関与
      (4)選ばれる企業たるための一層の社会性・透明性の発揮
    2. 政府の取り組み
      新事業創出・育成に資する規制やルールの策定
  5. おわりに

資料:2015年度米州委員会 委員会会合・正副委員長会議開催一覧
2015年度米州委員会名簿


ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

スマートフォン版サイトに戻る

サイトのご利用案内ここまでです。