ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

生産性革新に向けたダイバーシティの進化
-グローバル、デジタル時代を勝ち抜くためのKPI-

動画を拡大する

2015年度人材の採用・育成・登用委員会
委員長 櫻田 謙悟
(損保ジャパン日本興亜ホールディングス・グループCEO 取締役社長)

  1. はじめに(環境認識と2015年度の委員会活動の焦点)
  2. 時代が求める高度専門人材①~グローバル化への対応~
    1. いま起きている事実①~なぜ今「グローバル」を再考するのか~
    2. 「グローバル」人材とは?
    3. 「グローバル・マネジメント人材」の獲得・育成に向けての課題
      1. 前提
      2. 課題
        ①育成・成長プランが不明確もしくは遅い
        ②外部獲得を阻害する人事制度
        ③企業ビジョン・理念等の浸透、文化・言語の高い壁
    4. 「グローバル・マネジメント人材」の獲得・育成に向けた提言
      1. 国籍を問わない人材の獲得とリテンション
        ①グローバル人事戦略の策定と責任主体
        ②市場価値ベースの人事制度
        ③キーポストを明確にして育成・獲得
        ④有能人材の見える化(データベース化・タレントレビューの導入)
        ⑤M&Aによる人材の戦力化
        ⑥企業ビジョン・理念等の浸透、文化・言語の壁を壊す
      2. リベラルアーツに裏打ちされた強い信念<ビリーフ>を持つ人材の早期育成・登用
        ①現在より10年早く育成を開始
        ≪参考コラム≫リベラルアーツの重要性(VUCA時代に必要なレジリエントな基礎体力)
        ②現在より10年早く海外経営・子会社経営等の重責を担う経験を~海外の修羅場は二度経験させるべきである~
        ≪参考コラム≫日本的雇用慣行とグローバル基準の折り合いをつける
  3. 時代が求める高度専門人材②~デジタル・ディスラプションの脅威~
    1. 今起きている事実②~デジタル化による破壊的イノベーション~
    2. 先端技術人材に関する課題
      1. 質・量ともに不足する先端技術人材
      2. 不十分な人材の採用、育成、活用
    3. 先端技術人材の確保に向けた提言
      1. 先端技術を活用した経営戦略を立案できる経営者の必要性
      2. 先端技術人材を惹きつける魅力的な経営戦略及び柔軟な採用
      3. 先端技術人材の能力を引き出す育成・活用方法の構築<専用スキーム>
      4. 機動的な組織の創設
      5. オープン・イノベーションの推進
    4. デジタル企業変革への挑戦(リクルートの事例)
  4. 活躍の期待が高まる中高年人材とリ・スキルの必要性
    1. 今起きている事実③~人材力強化の鍵となる中高年人材~
    2. 日本企業は中高年人材に投資してきたのか?
      ≪参考コラム≫新卒一括採用の課題と中途労働市場の課題
    3. 中高年人材のリ・スキルを進める上での課題
    4. 生産性向上に資する中高年人材のリ・スキルに関する提言
      1. 日本型人事制度の軌道修正~成果・貢献度に応じた公正な評価・処遇の実現~
      2. キャリア自律→スキルを磨く→活躍の場をつくる
  5. ダイバーシティ推進・働き方改革の実現に向けたKPIの設定
    1. ダイバーシティは(労働)生産性の革新を起こすのか?
      1. ダイバーシティが企業の生産性を高める理由
      2. ダイバーシティ・マネジメントの要諦とは?
        ①真の個性や特性を重んじるダイバーシティ
        ②日本の置かれた現状と女性活躍推進
      3. データによる裏づけ
        ①先行研究等における分析
        ②アンケートやヒアリングからの定性評価
      4. ダイバーシティと生産性向上の関連性を実証していく
    2. 取り組み方針(KPIの設定)
    3. KPI設定に当たっての考え方
    4. 具体的な項目と目標設定イメージ
  6. おわりに(ダイバーシティと生産性革新~鍵となるトップのコミットメント~)

<参考資料>各社事例(正副委員長会社アンケート結果)
2015年度 人材の採用・育成・登用委員会 名簿


ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

スマートフォン版サイトに戻る

サイトのご利用案内ここまでです。