ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

TICADプロセスの進化により、アフリカのパートナーとしての日本の存在感の可視化を
~アフリカの持続可能な成長に向けた多様なニーズに応えるための10の提言~

動画を拡大する

2015年度アフリカ委員会
委員長 関山 護
(丸紅パワーシステムズ 会長)

  1. はじめに
  2. 基本的な問題意識:アフリカの変化と日本の役割
    (1)アフリカの経済成長におけるボトルネック
    (2)アフリカの長期成長ビジョンと優先順位
    (3)日本の民間企業の進出によるアフリカ開発への貢献
  3. アフリカの持続可能な成長に向けた多様なニーズに応えるための10の提言
    (1)TICAD VIで「オールジャパン」としてのアフリカへの関与を示す
    (2)TICADを成果を生み出し、アフリカを支えるプラットフォームに
    (3)日本の企業群のアフリカ進出を促すための仕掛け作り
    (4)TICAD VIを契機とした、国内外に向けた広報・発信力の強化を
    (5)人材育成への一層の貢献と、アフリカ人材の戦略的活用
    (6)日本の支援策とアフリカ各国における成長戦略の連携
    (7)地域経済統合の支援と、多層的な関係構築
    (8)開発協力に関する公的機関と民間企業の連携の強化
    (9)投資環境改善、経済連携強化に向けた政府間対話
    (10)セクターを超えた連携を創出する「拠点」の展開
  4. 終わりに

参考資料


ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

スマートフォン版サイトに戻る

サイトのご利用案内ここまでです。