ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

欧州の競争力に学ぶ
―ドイツの「シュレーダー改革」を中心に―

2014年度欧州・ロシア委員会
委員長 大八木 成男
(帝人 取締役会長)

まえがき

  1. はじめに:委員会の問題意識と活動経緯
    1.問題意識と活動経緯
    2.報告書の構成
     
  2. ドイツの競争力に学ぶ
    1.ドイツ経済の現況と競争力回復の主な要因
    (1)ドイツ経済の現況
    (2)ドイツ経済回復の原点:苦境期とその要因
    (3)競争力回復・強化を支えた3要素
     
    2.シュレーダー改革
    (1)シュレーダー改革の概観
    (2)シュレーダー改革の個別分野の内容
    (3)シュレーダー改革に対する評価
     
    3.内在する強みの発揮
    (1)技術力ある製造業基盤
    (2)国際競争力ある中小企業
    (3)研究開発における産学官連携体制
    (4)人材育成・活用
     
    4.グローバル化対応と国際環境の活用
    (1)欧州連合(EU)市場とは
    (2)「EUの中のドイツ」「ユーロ圏のドイツ」であることのメリット
    (3)ドイツの強み・優位性の発揮
     
    5.ドイツの競争力強化戦略の総括
     
  3. 欧州の他国の改革
    1.スウェーデン
    (1)スウェーデン経済の苦境期と回復を支えた政策
    (2)スウェーデン・モデルの特徴
     
    2.英国
    (1)英国の改革と民営化
    (2)英国モデルの特徴
     
    3.ドイツ、スウェーデン、英国における改革の特徴
    (1)3カ国に共通する要因
    (2)各国特有の要因
     
  4. 日本への示唆

参考図表
参考資料
2014年度 欧州・ロシア委員会 委員会会合・正副委員長会議開催一覧
2014年度 欧州・ロシア委員会名簿


ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

スマートフォン版サイトに戻る

サイトのご利用案内ここまでです。