ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

国土強靭化で大規模自然災害に備える
──いかにして国民の命を守るか

動画を拡大する

諮問委員会 国土強靭化検討部会
部会長 稲葉 延雄
(リコー 取締役専務執行役員CIO)

  1. はじめに
  2. 課題
    (1)国中心の対応にとどまり、しかも具体的な検討が不十分
    (2)許されない緊急事態下の「縦割り行政」
  3. 意見
    (1)民間、自治体の役割を確認して国土強靭化の実効性を高める
    (2)ハードだけでは機能しない強靭化、ソフトの重要性を周知徹底させる
    (3)緊急事態下では現場指揮が国民の命を救う
  4. おわりに
    (1)社会資本の老朽化への対応については総合的なコスト低減が喫緊の課題
    (2)企業活動の強靭化も必須、経営者は責任の自覚を

諮問委員会 国土強靭化検討部会 名簿


ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

スマートフォン版サイトに戻る

サイトのご利用案内ここまでです。