ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

経済同友会 社会保障フォーラム
「全世代型社会保障のビジョンと制度改革に向けた道筋」

2018年3月 1日

 消費税率引き上げ時の増収分の使途変更等を受け、2020年度の基礎的財政収支黒字化という目標は見直されることとなり、財政健全化とその実現に不可欠な社会保障制度改革に対する関心が改めて高まっています。こうした中、政府は、春に集中改革期間の中間評価を行い、6月には新たな基礎的財政収支の黒字化目標を設定する見通しです。
 経済同友会では、70周年を機に始動した「みんなで描くみんなの未来プロジェクト」の一環として、「全世代型社会保障のビジョンと制度改革に向けた道筋」(仮題)をテーマに、公開フォーラムを開催いたします。将来を担う皆さんにも是非ご参加いただき、日本の最大の課題である社会保障制度改革に関する議論に参画していただければ幸いです。

 概要

 【開催日時】 2018年3月20日(火)15:00~17:00
 【 会  場 】 都内ホテル(千代田区)
 【 参加費 】  無料
 【参加定員】 200名(申し込み多数の場合には抽選)

 プログラム

開会挨拶 : 小林喜光 代表幹事

基調講演①:『人生100年時代を支える全世代型社会保障』(仮題)

村井英樹氏(内閣府大臣政務官、衆議院議員)

基調講演②:アジェンダ・セッティング

朝田照男 経済同友会 社会保障改革委員会 委員長

パネルディスカッション(50音順):

朝田照男 経済同友会 社会保障改革委員会 委員長
松山幸弘氏(キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹)
村井英樹氏(内閣府大臣政務官、衆議院議員)
八代尚宏氏(昭和女子大学グローバルビジネス学部 特命教授)

≪モデレーター≫

大林 尚氏(日本経済新聞社 上級論説委員)

 お申し込み方法

 本シンポジウムに参加をご希望の方は、Emailにて、下記必要項目をご明記のうえ、3月12日(月)までにお申し込みください。ご参加いただける方には、事務局担当者より、参加証をお送りします。

 Email先: アドレス画像.png

 件 名 :(3/20)社会保障フォーラム参加申込

 必要項目:(1)お名前・フリガナ、(2)ご所属(学生の方は大学・大学院名および学部名)、

(3)役職(学生の方は学年)、(4)ご連絡先(Email)


※上記必要項目のご記入がない場合は、
 「参加証」をお送りできませんので、ご了承ください。

※当日は、事務局より送信します参加証をモバイル端末で表示、もしくは印刷いただき、
 身分証明書もしくはお名刺と一緒に、受付にてご提示ください。お持ちでない場合は、
 ご入場いただけませんので、ご了承ください。

※登録後にご欠席の場合は、「アドレス画像.png」宛にご連絡をお願いします。

 ご連絡がないままご欠席の場合は、次回以降のエントリーをお断りさせていただくことがございます。

 公開について

 経済同友会活動に関する情報発信のため、本イベントの写真などを本会広報誌に掲載、WEB公開をいたします。また、当日は、メディア取材が入る場合もあり、参加者の顔が映る可能性もございます。参加者は撮影および公開に同意した上で、本イベントに参加されるものとみなします。予めご了承のうえ、お申込み下さいますようお願い申し上げます。

【本件お問い合わせ】
公益社団法人経済同友会 「社会保障フォーラム」事務局
Email:アドレス画像.png/TEL:03-3284-0220 

以上


ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

スマートフォン版サイトに戻る

サイトのご利用案内ここまでです。