ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ

トップページ >  政策提言活動  >  提言・意見書・報告書  >  提言・意見書・報告書2014  >  ODA大綱見直しに関する意見書 ~日本の総力を挙げた戦略的開発協力の刷新と実効性ある推進体制の整備を求める~

ODA大綱見直しに関する意見書
~日本の総力を挙げた戦略的開発協力の刷新と実効性ある推進体制の整備を求める~

アフリカ委員会
委員長 関山 護
(丸紅 副会長)

2014年10月22日

  1. 開発協力を巡る環境の変化と今後の開発協力への期待
    (1) 開発協力に関する環境の変化と日本の対応
    (2) これまでの日本の開発協力と大綱見直しの意義
    (3) これからの開発協力への期待
  2. 新大綱策定にあたっての要望
    (1)国益の観点に立った戦略性の発揮
    (2)日本の強みを活かした独自性の発揮と質の高い協力
    (3)実効性ある官民連携のための環境整備
  3. 開発協力実施の推進に向けた要望
    (1)新大綱を具現化する計画策定と評価・広報の一層の充実
    (2)開発協力の戦略的展開に向けた実施体制の一元化
    (3)資金面の担保
  4. 終わりに

補注・参考資料
アフリカ委員会 委員名簿


ページトップへ戻る

Copyright (C) KEIZAI DOYUKAI 1996-2016. All rights reserved.