ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ

トップページ >  政策提言活動  >  提言・意見書・報告書  >  提言・意見書・報告書2012  >  経済連携協定交渉に臨む「9つの基本原則」 ~TPPをはじめとする高水準の協定交渉を進めよ~

経済連携協定交渉に臨む「9つの基本原則」
~TPPをはじめとする高水準の協定交渉を進めよ~

公益社団法人 経済同友会
代表幹事 長谷川 閑史
副代表幹事・経済連携委員長
藤森 義明

2012年04月25日

はじめに

経済連携協定交渉に臨む「9つの基本原則」

基本原則1:協定を成長戦略の柱と位置づける
基本原則2:協定を産業競争力の強化に繋げる
基本原則3:協定を農業の発展、国際競争力強化の梃子とする
基本原則4:高水準で包括的な協定とする
基本原則5:公正かつ自由で対等な競争条件と競争環境を確保する
基本原則6:公正で透明性の高い市場へのアクセスを確保する
基本原則7:輸出制限の禁止を確保する
基本原則8:相互の利益に資する協力を積極的に促進する
基本原則9:オープンで柔軟な協定とする

おわりに


ページトップへ戻る

Copyright (C) KEIZAI DOYUKAI 1996-2016. All rights reserved.