ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ

トップページ >  政策提言活動  >  提言・意見書・報告書  >  提言・意見書・報告書2009  >  地域主権型道州制の導入に向けて<中間報告書>

地域主権型道州制の導入に向けて<中間報告書>

2009年10月09日

地方行財政改革委員会
委員長 池田 弘一
(アサヒビール 取締役会長)

目次
はじめに:本報告書の位置付け
1.道州制導入の意義
 (1)地域主権型社会の確立
 (2)広域行政化の検討
2.地域主権型道州制の枠組み
3.道州制導入に向けた課題と同友会におけるこれまでの取組み
 (1)役割分担の明確化
 (2)道州の区割り
 (3)税財政制度の確立
4.道州制導入に向けて残された課題-税財政制度の確立に向けて-
 (1)長期債務負担問題
 (2)東京問題
おわりに:今後の委員会の取組み
地方行財政改革委員会 名簿


ページトップへ戻る

Copyright (C) KEIZAI DOYUKAI 1996-2016. All rights reserved.