ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ

トップページ >  政策提言活動  >  提言・意見書・報告書  >  提言・意見書・報告書2008  >  18歳までに社会人としての基礎を学ぶ -大切な将来世代の育成に向けて中等教育、大学への期待と企業がなすべきこと-

18歳までに社会人としての基礎を学ぶ
-大切な将来世代の育成に向けて中等教育、大学への期待と企業がなすべきこと-

2009年02月02日

教育問題委員会
委員長 小林 いずみ
(世界銀行 多数国間投資保証機関 長官)

I.はじめに
II.国際社会で日本が競争力を維持し、更に発展していくために
III.教育への問題意識
IV.基礎力を身につける方法とは
V.「18 歳までに社会人として身につけるべき基礎力」を更に発展させるために
  大学で行うべき教育の柱とは
VI.高・大接続の観点から
VII.教育界がその役割を果たすために経済界が支援できること
VIII.おわりに
教育問題委員会 名簿


ページトップへ戻る

Copyright (C) KEIZAI DOYUKAI 1996-2016. All rights reserved.