ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ

トップページ >  政策提言活動  >  提言・意見書・報告書  >  提言・意見書・報告書2008  >  21世紀の新しい働き方 「ワーク&ライフ インテグレーション」を目指して

21世紀の新しい働き方
「ワーク&ライフ インテグレーション」を目指して

2008年05月09日

2007年度 21世紀の労働市場と働き方委員会
委員長 有馬 利男
(富士ゼロックス 取締役相談役)

はじめに : 本提言の位置付けとねらい
主張1. 日本の停滞感と社会問題
主張2. 21 世紀日本の進路
主張3. 「21 世紀型働き方」のビジョンと基本構造
主張4. 具体的な変革施策
主張5. 「企業の品質」~人"財"の集まる魅力ある企業を造るのが経営者
2007年度21世紀の労働市場と働き方委員会 名簿


ページトップへ戻る

Copyright (C) KEIZAI DOYUKAI 1996-2016. All rights reserved.