ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ

トップページ >  政策提言活動  >  提言・意見書・報告書  >  提言・意見書・報告書2007  >  <洞爺湖サミットに向けた意見> 世界と価値観を共有し、地球規模課題に向けて
先進国として責任あるコミットメントを示す

<洞爺湖サミットに向けた意見>
世界と価値観を共有し、地球規模課題に向けて
先進国として責任あるコミットメントを示す

2008年04月22日

経済情勢・政策委員会
洞爺湖サミットに向けた意見書起草委員会
委員長 細谷 英二
(りそなホールディングス 取締役兼代表執行役会長)

委員長代理 有馬 利男
(富士ゼロックス 取締役相談役)

I. はじめに-現状認識と日本政府への期待
II. 洞爺湖サミットにおいて目指すべき成果と日本の課題
III. 終わりに
経済情勢・政策委員会
洞爺湖サミットに向けた意見書起草委員会 名簿


ページトップへ戻る

Copyright (C) KEIZAI DOYUKAI 1996-2013. All rights reserved.