ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ

トップページ >  政策提言活動  >  提言・意見書・報告書  >  提言・意見書・報告書2007  >  福田新内閣の発足にあたって -構造改革の継続・加速に向け、揺るがぬ意志を示せ-

福田新内閣の発足にあたって
-構造改革の継続・加速に向け、揺るがぬ意志を示せ-

2007年09月25日

社団法人 経済同友会
代表幹事 桜井 正光

1.構造改革の継続・加速を - 新たな経済社会システムの構築と活力の創出に向けて
 (1)歳出・歳入一体改革による財政の持続可能性の確立
 (2)国民の信頼に応える社会保障制度の構築
 (3)民間活力を活かす経済社会システムに適した公的部門の再構築
 (4)地方分権・規制改革による地域の自立と活性化
2.国際競争の強化、国際社会への貢献を通じたリーダーシップの確立
3.国民本位・政策本位の透明な政治の実現を


ページトップへ戻る

Copyright (C) KEIZAI DOYUKAI 1996-2013. All rights reserved.